案内

癌が転移する仕組み【患部によって治療方法が変わる】

非喫煙者も要注意

マスクをした男性

扁平上皮がんと違い肺腺がんはタバコとは無関係になってしまうがんであるとされています。また、X線に写りにくいために発見が遅れてしまうこともあります。肺腺がんは女性ホルモンのバランスが崩れることによって発症してしまうとも考えられており、イソフラボンの摂取で予防することが出来ると期待されています。

詳しく読む

心臓の病気

病院

心筋梗塞は、心臓に血液と栄養を運ぶための動脈がもろくなったり、詰まったりすることで発生します。心臓への血流が絶たれてしまうので、最悪の場合死に至ることもあります。激しい胸痛などの症状が出たら、すみやかに病院へ行きましょう。

詳しく読む

大事にしないことが鍵です

女医と看護師

腎臓病は初期の自覚症状がほとんどないがために症状を進行させているケースが多いです。進行すると、人工透析が必要になります。そこまで進行していないのであれば薬物療法の他に食事療法が治療の軸になります。最近では味やバリエーションを工夫した腎臓病の食事療法宅配フードサービスが多くの人に利用されてきています。

詳しく読む

日常の取り組みが大切です

患者と医者

放置は危険です

癌細胞はもともと転移しやすい特徴をもっています。したがって、例えば乳がんといった癌そのものは命に別状のないものとされていても、放置しておくと他の臓器に転移してしまい、命にかかわる事態になります。そのため、治療において大切なことは転移しないように食い止めることとなります。しかし、患者自身が癌という存在に気付いていないパターンもあります。勿論病気によっては自覚症状がわからないものもあります。しかし、そういったパターンは転移も引き起こしていることも少なくありません。したがって、患者側にとって大切なことは癌に対する知識を得ること、少しでも異変を感じたら医療機関にかかること、検診に定期的に受けに行くことが挙げられます。

早いものもあります

癌の進行は個人そして臓器によって様々です。若い人ほど細胞の新陳代謝が早いことから癌の進行も早いとされています。臓器に関しては咽頭癌の進行が早く、転移しやすい特徴をもっています。したがって、年齢もさることながら、種類によっては進行が早いため、決して遅い気付きではなかったものの、見つかった時にはすでに転移していることもあり得ることを注意しておかなければなりません。だからこそ、癌に早く気付く取り組みが大切となります。また、早期発見も大切なことですが、予防も大切になります。喫煙や飲酒、高カロリーな食事をやめるなどの取り組みを行えば予防することができますし、癌そのものが体内になければ転移して命にかかわるリスクも減らすことさえできます。