看護師

癌が転移する仕組み【患部によって治療方法が変わる】

大事にしないことが鍵です

女医と看護師

最悪の事態は人工透析です

腎臓病の代表的な症状はたんぱく尿、血尿、むくみ、高血圧、尿量の変化などが挙げられます。これらの症状が進むと腎不全となり、体内の老廃物を上手に排出できなくなり、体内に毒素が溜まりやすくなります。もっと進行すれば人工透析でないと生命維持できなくなります。また、腎機能が正常でないがために尿濃縮力障害などの合併症も引き起こしやすくなります。しかし、腎臓病の初期段階における症状は自覚症状がない場合が多いです。そのため、初期の段階では検査で見つかること多いとされています。ただ、自覚症状がないために腎臓病を進行させているケースも多いのも事実です。しかし、頻尿は腎臓病のサインにもなりうるため、少しでも気になるのであればすぐに診察を受けるとよいことが言えます。

いかに工夫するか

かなり腎臓病の症状が進行している場合は他の治療法が軸となりますが、そうでない場合は薬物療法等の他、食事療法が治療法の軸となります。最近では腎臓病の食事療法を意識した宅配フードサービスが出てきています。腎臓病の食事療法の特徴はたんぱく質と塩分が少ない食事となっています。このことを意識して、各宅配フードサービス会社は腎臓病の人に最適な食事を提供しています。病食はどうしても味がおいしくない他、バリエーションが少ないことが多いです。しかし、腎臓病の食事療法を提供している宅配フードサービスはその点を工夫しており、現においしくバリエーションのある食事を提供しているフードサービス会社が人気を集め、売上実績を挙げています。