看護師

癌が転移する仕組み【患部によって治療方法が変わる】

非喫煙者も要注意

マスクをした男性

X線で写りにくい

死亡率が高いがんの中でも特に死亡率が高いとされているのが肺がんです。その原因としては肺がんの発見が遅れてしまうということがあります。肺がんになる大きな原因はタバコだと思っている人が大勢いますが、実はタバコの影響を受けやすいのは肺がんの中でも扁平上皮がんと呼ばれるがんなのです。一方で肺腺がんはタバコを吸わない人でもなるがんです。その原因としては普通に空気中にある物質や女性ホルモンのバランスが崩れることなどが挙げられます。タバコとは無関係に発症してしまうので、自分は大丈夫だと思い込んでしまう発見が遅れてしまうのです。また、肺の奥深くに出来る肺腺がんはX線に写りにくいという特徴があるため、CT検査を行わないと発見が遅れてしまうこともあります。

女性ホルモンのバランスを

肺がんの中でも扁平上皮がんは男性に多いのに対し、肺腺がんは女性に多く見られるがんとされています。その原因としては肺腺がんは女性ホルモンのバランスが崩れることによって発症するのではないかと考えられています。そこで肺腺がんを予防する効果があるとして人気となっているのがイソフラボンです。大豆に多く含まれているイソフラボンは、体内で女性ホルモンと同じような働きをしてくれる成分です。女性ホルモンのバランスが崩れると体に様々な影響が出てしまうもので、更年期障害も女性ホルモンのバランスが崩れることによって起きる症状だとされています。女性ホルモンのバランスを整えるのは乳がんの予防にも効果的だと言われており、肺腺がん予防にも期待されているのです。